三大都市圏での駐車場需要は約2300万台といわれているが、供給台数は推定で約700万台しかない。また、警察の統計によれば瞬間的な違法駐車の台数が東京23区と大阪市内だけで6万6000台を超える。駐車場はまだ驚くほど需給ギャップが大きい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。