JR山陰本線を米子駅(鳥取県)で降り、ローカル線に乗り換えると、ネズミのキャラクターが出迎えてくれた。といっても、ミッキーマウスではない。漫画「ゲゲゲの鬼太郎」で人気者のねずみ男である。このJR境線の終点の境港駅は鬼太郎の作者である水木しげる氏の故郷。境港市は水木氏の全面協力により「妖怪」で町興しを進め、国内外から観光客やアニメファンが詰め掛けている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。