テレビドラマの影響か、ウイスキー関連書籍の刊行・復刊が相次いでいる。『美酒一代』は、日本初の本格ウイスキー造りに挑戦した、サントリー創業者の鳥井信治郎を描いた本だ。ブレンダーとして数多くの製品を世に出しただけでなく、日本独自の洋酒文化を築いた。初版は1966年だが、当時の視点がウイスキー黎明期の苦闘を際立たせている。数多くのエピソードを通じて描かれる信治郎像には、興味が尽きない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。