消費増税の先送りとともに、唐突に決まった解散総選挙。安倍晋三首相は「アベノミクスの信任を問う」として「この道しかない」と繰り返すが、本当に「この道」しかないのか。衆院選でにわかに蠢く選挙産業の裏側をのぞくと、争点なき選挙の実態が浮かび上がってくる。選挙で問うべき本当の「日本の論点」を明らかにする。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。