2日、衆議院議員総選挙が公示され、投票日の14日に向けて本格的な選挙戦がスタートした。この選挙に併せて実施されるのが最高裁判所の裁判官に対する国民審査だが、相変わらず分かりにくく、影が薄い存在となっている。今回は、この問題を取り上げてみたい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。