世界的規模で、資本主義は危機的様相を呈している。新聞を読んでいると、米国ではオバマケアで、少し医療福祉が充実したという印象を受ける。しかし、堤未果氏の『沈みゆく大国アメリカ』を読むとオバマケアも超・富裕層が得をする仕組みだ。オレゴン州にはオバマケアの発想に立ち「できるだけ多くの州民に医療保険を」と考える民主党議員を中心に独自の医療制度「オレゴンヘルスプラン(OHP)」が設立されている。OHPは再発がん患者にどのような対応をしているのだろうか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。