2014年度の国立大学法人への運営費交付金の総額は1兆1123億円である。国立大学が国立大学法人に移行した04年度以降13年度まで、単調に減少してきたトレンドが初めて逆転した。13年6月に閣議決定された日本再興戦略の中で国立大学の機能強化がうたわれたことなどを受けてのことである。もっともこの増額は、「イノベーションを支える主要な担い手となる理工系人材の戦略的育成」などに重点配分されることになっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。