解散風が吹き始めたのが11月初旬。それから1カ月もたたないうちに衆議院選挙は本番を迎える。衆院選史上例を見ない超短期決戦といっていい。まさしく首相の安倍晋三が計りに計り、練りに練った解散戦略がズバリ的中している。安倍の狙いは、選挙はないと高をくくっていた野党側を急襲して政権基盤を安定させることにあった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。