2012年の生命保険会社は、国内外の経営環境の激変にどう対応していくか“守勢”の1年となりそうだ。国外の懸念材料は、やはり欧州の債務危機。生保各社は現在、ギリシャやイタリアなど欧州重債務5ヵ国の国債残高を急ピッチで減らしている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。