プロで生きる術を教えてもらったのが野村克也監督なら、プロの世界に導いてもらったのは、今季限りでヤクルト監督を辞任した小川淳司監督だった。プリンスホテルから入団した1995年当時、担当スカウトをしていただいた。今でも年に一度、同じく担当だった石井弘寿氏(現ヤクルト2軍投手コーチ)、度会博文氏(現ヤクルト球団職員)と4人で食事をさせてもらっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。