「災害復興バブル? そんな景気のいい話はもうありませんよ」。不謹慎かもと断りながら苦笑するのは、広島市内の建設業界関係者だ。8月の集中豪雨で74人が亡くなった広島の土砂災害。損壊・浸水した住宅は4500軒を超え、今も復旧作業が進められているが、地元の業界関係者の間では「あまりうまみのない仕事」という認識が広がりつつあるという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。