来年3月に長野~金沢駅間で開通を予定する北陸新幹線。当初こそ、地元ゼネコンは特需に沸いたが、もともとスーパーゼネコンの下請けに甘んじていたところに、東日本大震災による人件費と資材の高騰が追い打ちをかけ、利幅が縮小。「地元業者には期待ほど金が落ちなかった」と、複数の地元業界関係者は肩を落とす。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。