世間を騒がせた川崎重工業のクーデター解任劇から1年半。三井造船との経営統合交渉を推進した長谷川聰前社長ら3役員が取締役会で解任されるという緊急事態のさなかで登板した、村山滋社長(写真、64歳)体制が平静を取り戻している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。