「こんなに資材価格が上がっているんだ」「そちらが最初に出した見積もりで契約するはずだったんじゃないのか」 大型台風にたびたび見舞われた今年の夏、東京・多摩地区の「首都」と呼ばれるJR立川駅北部に建設予定の「ららぽーと立川立飛(仮称)」の契約をめぐり、嵐のような応酬が繰り広げられた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。