全国約700の農協を束ねてきたJA全中の実質的な解体など、政府が60年ぶりの農協改革を断行しようとしている。全中は、農水省、自民党農林族と結託して、高米価の維持などを実現してきたが、こうした政治力の行使も、限界を迎えている。戦後の食糧難の時代から現代まで、農協がどのように変遷してきたのか――。農協があらためるべき問題点などを、元農水事務次官の髙木勇樹氏に聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。