「国民の声を聞きたい」「信なくば立たず」──。18日夜、衆院解散を表明した首相、安倍晋三の記者会見は政治の師でもある元首相、小泉純一郎の郵政解散の解散会見をほうふつさせた。選挙の勝敗ラインについては「自公で過半数」と語った。これも小泉の常とう句。そして安倍はこう明言した。 「21日に解散します」

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。