どのような職種であれ、企画という作業と無縁ではいられません。仕事をより創造的なものにしたいのならば、企画の技術は、一つのリテラシーとしてビジネスパーソンに不可欠なものです。『なんとなく企画クリエイティブの仕事をしたいと思っている人のなんとなくをなんとなくじゃなくする本』(長い!!)は、カンヌ広告祭金賞など数多くの賞を受賞した著者による、広告制作を軸とした企画技術の本ですが、読者は広告関係者にとどまりません。そもそも企画とはどのような行為なのかから始まり、企画を生み出す脳の鍛え方まで詳細に説き起こします。自身のメソッドの命名法、図案の配置、平易で吟味された言葉等々、本書自体が、企画の具現であることに気が付かされます。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。