農業・農協改革の議論では、規制を撤廃したい首相官邸と、自民党農林族の間で攻防が続く。5月の規制改革会議の意見では、JA全中廃止に隠れて目立たなかったが、(1)企業の農地所有を認めること、(2)農地の賃貸借などの権利移動を届出制にすること──などが盛り込まれていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。