あれだけキャスト(臨時雇用者を中心とした従業員)が客を楽しませるために努力をしているのは並大抵のことではありません。そのようなモチベーションが上がる環境をつくってきたのでしょう。ただ、アトラクションの核となるAR/VR(拡張現実/仮想現実)技術がこれからコモディティ化することもあるため、「他では体験できないアトラクションやイベントに5000億円の投資をする」ということなのでしょう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。