元は順風満帆ながら、その行く手には三つの地雷が待ち受けている──。2011年度中間決算で、3メガバンクなどの5大銀行グループは、最終利益が合計で1兆5000億円を突破した。通期見通しでも、4グループが上方修正するほどの好調ぶりで、足元の業績は申し分ない。にもかかわらず、銀行の株価は冴えない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。