「黒田ショック」で株式市場が活況に沸く。日本銀行が10月31日に突如として決めた追加の金融緩和で11月4日の日経平均株価は一時的とはいえ1万7000円台を回復した。その一方で外為市場では円安が進行、こちらは114円台を記録した。2年前に野党自民党総裁として安倍晋三が目指した「株高・円安」の状況が生まれている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。