釈尊(ブッダ) インドの釈迦族の王子、ゴータマ・シッダールタとして紀元前5世紀ごろに生まれる。誕生直後に「天上天下唯我独尊(自分一人が尊い存在だ)」と宣言したという。何不自由なく暮らしていたが、29歳で城を出て出家。苦行の末、35歳で覚りを開く。80歳で没するまで、弟子たちに教えを説き続けた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。