イエス(紀元前3~30年ごろ)とは何者か 自身はユダヤ人で、ユダヤ教の聖書「旧約聖書」を基にしつつも、律法を形式的に守るのではなく、「神を愛すること」「隣人を愛すること」を説いた。当時のユダヤ人社会にあった「メシア待望論」を背景に、救世主(メシア。ラテン語で「キリスト」)と捉えられるも、本人の口からはそのような宣言はされていない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。