実際に運営してみて感じたのですが、オンラインサロンは「バーチャルな青年会議所」というのが最も近い印象です。これまで何か事業やムーブメントを起こそうとすると、法人組織などをつくる必要や、物理的に近くなければ会って話せないという欠点がありました。しかし今はフェイスブックを利用すればよく、遠隔地にいても、スカイプで会議をするなどスピード感を持って対応することが可能です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。