スコアメークの鍵を握るグリーン上のパットは、球の転がり(回転)を良くすることがとても重要です。なぜなら、転がりを良くするほど、グリーンのアンジュレーション(起伏)や芝目の影響を受けにくく、球の伸びや直線性が強くなるからです。言い換えると、転がりの悪い球はそれらの影響を大きく受けるため、打球の勢いが弱くなるカップ間際でラインから外れてしまうのです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。