あと一歩だった。米大リーグ、ロイヤルズの青木宣親外野手がワールドシリーズに出場したが、第7戦でジャイアンツに敗れて世界一はならなかった。青木選手には優勝が決まった瞬間、マウンドにできる勝利の輪の中にいてほしいと思っていた。残念ではあったが、テレビに映る表情を見て「いい顔で野球をしているな」と思った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。