就任8年目の三菱ケミカルホールディングス(HD)の小林喜光社長。その後任人事が注目を浴びている。というのも、財界の論客として知られる小林社長は、2015年春に交代する経済同友会の次期代表幹事の本命と目されているからだ。これを機に、三菱ケミカルHDでは会長に就任するのでは、とささやかれている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。