世界経済の停滞を指摘する声が多い。昨年末のローレンス・サマーズの長期停滞論に続き、国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド専務理事も、世界経済の成長が弱まっていることを指摘した。先般のG20(20カ国・地域財務相・中央銀行総裁会議)でも、先進国の経済下振れが表明された。原油価格も、世界経済減速の懸念から、下落している。ドイツの輸出も急減した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。