「ジャズとは何か」という問いに明確に答えるのは難しい。現在のジャズを、「聴く側」から「燃えるジャズ」「燃えないジャズ」、そして「ジャズと呼びたい人は呼んでもいいが、それ以前にあえてジャズと呼ぶ必要性を感じさせない」という意味での「分別不可ジャズ」の3種類にシンプルに分別する『現代ジャズ解体新書』が興味深かった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。