今年もパ・リーグの勝負強さが目立った。10月23日、東京・グランドプリンスホテル新高輪でドラフト会議が行われた。4球団が競合した早稲田大学の有原航平投手は日本ハムが、愛媛・済美高校の安楽智大投手は楽天が、それぞれ抽選で交渉権を獲得した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。