東京の不動産売買市場が好調である。売買市場はすでにやや過熱気味であり、物件不足状態の局面に突入している。全世界的なカネ余り現象の中、安心できる投資先が少ないこともあり、東京の不動産は人気だ。加えて、最近の円安傾向もあり、外資系投資会社による購入意欲も旺盛だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。