基本的に政府が予算を掛けて地方創生などするべきではない。これは地方優位の選挙制度の弊害です。一票の格差が大き過ぎて地方を地盤とする議員が多いから、こんなことになってしまうのです。人口減の中、地方へのバラマキは自殺行為でしょう。それよりも都市部に偏重して投資をしていかないと国家としての競争力は失われるばかりです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。