2011年9月、住友金属工業と住友商事、フランスのバローレック社の合弁企業が、経済成長著しいブラジルで「高級シームレスパイプ」の一貫生産工場(高炉)を立ち上げた。建設のスタートから5年。粗鋼生産量で見れば、年間100万トンと小さいが、日本初の海外高炉建設とあって、にわかに注目を集めている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。