「天使の分け前」──。ウイスキーの世界には何とも甘美な響きの言葉がある。たるに詰められた原酒は、貯蔵庫で熟成される。熟成を経ることで、ウイスキーならではの味わいや香りが生まれるが、熟成期間は数年から長いものでは数十年にも及ぶ。その間、年に2~3%蒸発し、10年間では20~30%も減ってしまう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。