来年1月から個人投資家の保有が解禁される物価連動国債が金融機関やファイナンシャルプランナーに注目されている。物価連動国債は、当初100円の額面が物価上昇率に応じて増加する国債だ。10年後の償還時に当初より物価が20%上昇していれば額面100円に対して120円で償還される。昨年の発行分から、もし償還時に当初より物価が下落していても額面100円での償還が保証されるフロア条項が付いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。