高齢化や若者の酒離れなどでこのところ元気のなかった日本の酒市場だが、ハイボールのブームやNHK連続テレビ小説「マッサン」の効果でウイスキーが息を吹き返した。ワインも1990年代後半の「赤ワインブーム」を超える第7次ブームを迎えた。日本酒や焼酎、ワインの世界では新しい造り手が"革命"を起こしている。高いクオリティの日本の酒は、世界的なコンクールで毎年のように価値ある賞を獲得するようになった。世界が認めた日本の酒の最新事情を追った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。