7月末まで100ドル台(1バレル当たり・先物期近・以下同)で推移していた北米市場の原油価格(WTI)は、10月初めには90ドル割れし、15日には前日から一気に4ドル落。16日には一時2年4カ月ぶりとなる80㌦割れを記録した。原油価格の下落は、はたして景気にプラスに働くのか、それともマイナスに働くのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。