大手予備校の「代々木ゼミナール」(代ゼミ)が、全国27カ所ある校舎のうち20カ所を来年3月末で閉鎖すると8月25日に発表した。これには、同ゼミに固有の事情もあると指摘されている。しかし、背後にある条件変化は、一般的なものだ。教育サービスに対する需要が、少なくとも量的な意味では減少しているのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。