エネルギー基本計画に水素が盛り込まれたり、燃料電池車が発売になったりと、水素が再生可能エネルギーとして注目を浴びてきた。もともと、電力自由化をにらみ、自治体トップとして再生可能エネルギーをどう浸透させるか関心があり、川崎市と千代田化工建設による水素の取り組みを視察したのが、お近づきのきっかけです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。