東京・新橋は都心にありながら、昭和の濃い匂いが漂う。海側の汐留口は高層ビルが立ち並ぶ近代的な街に変貌を遂げたが、反対側の烏森口は昔ながらの飲食店が密集する。駅前に静態保存されているSLと並んで、11階建ての雑居ビル「ニュー新橋ビル」はそのシンボル的な存在である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。