10月1日、内閣府はマイナンバー(社会保障・税番号)制度に関する問い合わせを受け付けるため、日本語と英語で対応するコールセンターを開設した。2015年10月に番号法施行が予定されるマイナンバー制度では、国民ひとり一人に通知される12桁の番号が「社会保障」と「税」、「災害対策」の3分野で利用される。マイナンバーの付番と通知を行う番号法の施行が1年後に刻一刻と迫っているのに、ちまたでは、マイナンバーに対する関心は高まっていない。それもそのはずで、行政側の政省令や事務要領の準備が遅れているからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。