有効求人倍率が上昇しているが、これは労働に対する需要の増加よりは、労働供給の減少によるところが大きい。本連載の第725回(9月20日号)で、このように述べた。重要な問題なので、さらに詳しく論じることとしたい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。