『大統領の執事の涙』。執事ものという特別なジャンルが外国の映画にはあって、必ず名優が演じることになっている。米国大統領に仕える黒人執事を演じるのは、天才サックス奏者チャーリー・パーカーを演じては残された録音にピッタリ合う楽器演奏で驚かせ、アフリカの独裁者アミンを演じてはソックリの容姿で驚かせたフォレスト・ウィテカー。挙止動作は完璧。代々の大統領は皆名優たちのゲスト出演(先頃亡くなったロビン・ウィリアムズがアイゼンハワー)。彼の親は奴隷だった。そこから今日までの黒人の地位向上も、闘争の歴史も学べる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。