男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり。それの年の師走の二十日あまり一日の日の戌(いぬ)の時に門出す。そのよしいささかものに書きつく。(男も書くという日記というものを、女である自分もやってみようと思い書いてみる。ある年12月21日の午後7~9時ごろ門出をする。そのことを少し書きつける。)

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。