今では驚くばかりだが、20年前には一般職に「四年制大学卒の女子はお断り」という不文律が実在した。当時は花嫁候補となる短期大学卒の女子大生が“職場の花”とされ、商社や銀行、総合電機など有名企業の一般職に引っ張りだこだった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。