チームにムードメーカーと呼べる選手がいるかどうかで、ベンチやロッカーの雰囲気は大きく変わる。プロ野球のシーズンは長い。結果が出ていないときに全員が下を向いてしまうよりは、明るい選手がいた方がいい。チームとしてポジティブな雰囲気を保った方が、好結果につながりやすいのは当然だろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。