9月21日、ニューヨークの中心街に、約31万人の米市民が繰り出した。2日後に始まる国連・気候変動サミットに先立ち、地球環境の保護を訴えるためのデモで、気候関連としては過去最大の規模となる。また、いろいろな意味で、市内で常に見られる抗議デモと異なっていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。