スコットランドの英国からの独立の是非を問う住民投票は、「国家とは何か」という古くて新しい命題を世界中の人々に突きつけた。最終的に否決されたとはいえ、45%の住民が独立に賛成した事実は重い。英国の苦悩が解消されたわけではなく、統一国家の維持に向けて一層の努力とコストが求められる。世界各地の地域独立運動にも影響が及ぶだろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。