中国経済の先行きが一段と不透明感を増してきた。生産関連の経済指標は軒並み振るわず、2014年の実質GDP(国内総生産)成長率は国家目標の7.5%に届かない可能性が強い。中国の8月の工業生産はショッキングな内容だった。前年同月比6.9%増にとどまり、リーマン・ショック直後の2008年12月以来の低い伸びになったからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。