ワード、エクセル、パワーポイントでの企画書作りとプレゼンテーション。「一通りできますよ」という方は多いと思います。でも、『外資系コンサルが実践する資料作成の基本』を読むと、実は穴だらけだったことにがくぜんとするでしょう。本書が、流行の外資系企画書・プレゼンのテクニック本と一線を画するのは、発案からプレゼンに至る全ての過程で発揮されるべき「考える力」と「魅せる力」を詳細に示していることです。例えば、提案書の作成過程で、内容の妥当性を修正するポイントは、どこにあるのか。企画書を、電子ファイルで提供した場合、図表類のプロパティから出所が分かり、「こんな引用をするような担当者とは安心して取引できない」と土壇場で不採用になることがある等々。安易なテクニックをいさめ、資料作成手法の神髄を伝えます。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。